禁煙補助剤で本当に禁煙ができるのか

禁煙ブームで煙草を止める方が増えている一方で、なかなか止められず禁煙と喫煙を繰り返している方の強い見方なのが禁煙補助剤です。では実際に禁煙補助剤で禁煙ができるのか?当サイトで調査してみました。

禁煙補助剤の禁煙力

何度も何度も禁煙しようと試みては失敗していませんか。
吸いたくなったらガムや飴を口に入れて気分を紛らわせて見たり、色々な方法を試してみるものの、なかなかやめられないという声をよく聞きます。
値段があがる度に、健康への影響を考えた時に、経済的な事を考えた時に、さまざまな場面で禁煙を志すきっかけは訪れます。
しかしタバコはそこに含まれる成分、ニコチンの影響で体をタバコ依存症にしてしまいます。
一度依存症に陥ってしまうと、なかなかそこから抜け出す事ができないものです。

しかし、現代は禁煙する手助けをしてくれるものがあります。
禁煙補助剤です。
このおかげで禁煙に成功する確率は上がり、タバコ離れは進んでいます。
ではこの禁煙補助剤、どんなものがあるのでしょうか。

薬局で購入できる禁煙補助剤にニコチン入りのガムがあります。
ガムですが、わずかにニコチンがふくまれており、タバコを吸いたくなったら噛みます。
禁煙時に生じるニコチンの離脱症状を軽減するためにこのガムに含まれている少量のニコチンを摂取します。
タバコのない生活に慣れてきたら少しずつ一日に使用する個数を減らしてゆき、数ヶ月をめどにゼロにします。
このガムがなくても大丈夫になったら禁煙成功です。

ニコチン入りのガムのようにニコチンの離脱症状を緩和するために薬剤による少量のニコチンを摂取する方法の事をニコチン置換療法といいますが、もう一つニコチン置換療法にニコチンパッチがあります。
こちらはガムとは違い、朝起きたら腹部や腰背部、上腕部などに貼り、皮膚からパッチのニコチンを吸収して24時間血液中のニコチン濃度を一定に保ちます。
気をつけなければいけないのは、パッチを貼っている時に喫煙をしない事です。
パッチからニコチンを常に吸収している状態なので、この時に喫煙してしまうとニコチンを摂取しすぎて気分が悪くなったりします。

最後に、一番禁煙成功率が高い飲み薬です。
タバコを吸うと、脳のニコチンの受容体にニコチンが結合して快感を生じる物質ドーパミンを放出させます。
この飲み薬の成分がこの受容体に結合してニコチンの場合よりも少ないドーパミンの放出を促します。
結果、この状態で喫煙するとタバコを美味しいと感じなくなり、満足感がなくなり次第にタバコを必要としなくなります。
ただしこの薬の処方には健康保険が適用になる禁煙外来に行き、禁煙プログラムに従う必要があります。

以上、三種類の禁煙補助剤をみてきました。
なかなか断つ事が難しいのが喫煙ですが、補助剤を使用する事でその成功率は格段に上昇します。
試してみてはいかがでしょうか。

■オススメの禁煙治療薬
チャンピックス
■まずはこれを使って禁煙
ニコレット